形の違う薬が散らばっている

寄生虫による感染症を防げ

寄生虫の感染経路について

犬など飼っている飼い主さん、衛生面などに気を遣ったりして寄生虫対策をしていますか?
寄生虫は人にも感染しますので注意しましょう。

寄生虫といえば、犬回虫や瓜実条虫、犬鉤虫、犬鞭虫などがあります。
犬回虫は人にも感染する寄生虫ですが、生まれたての犬に感染する事が多いです。
その理由は、母犬の胎盤から感染する胎盤感染や、母犬の母乳から感染する軽母乳感染、そして便を何らかの形で口にしてまい感染する経口感染などがあります。
もし子犬が感染してしまった場合は、元気がなくなったり、下痢、嘔吐、お腹が膨れたりします。
成犬が感染した場合は、主に下痢といった症状が現れます。

ペットが寄生虫によって感染すると、様々な症状が現れます。いくつか紹介しましょう。
瓜実条虫の感染経路はノミが原因です。
ノミが瓜実条虫の卵を食べる事によって、ノミの体内で成長し、それが犬の皮膚につき、犬が綺麗にするために体を舐める事によって感染します。
主な症状は食欲不振や体重減少、下痢などが現れます。
また感染すると肛門周辺を壁や地面などに擦りつけたりします。
犬鉤虫の感染経路は、経口感染や胎盤感染、経乳感染、経母乳感染、さらに皮膚から体内へ幼虫が侵入したりして感染する経皮感染などがあります。
主に下痢や食欲不振といった症状が現れます。
犬鞭虫の完成経路は経口感染が主で、下痢や貧血といった症状が現れます。

大切なペットが万が一寄生虫によって感染症になってしまったら、動物病院に連れて行ったり、通販で駆除薬を購入したりしてください。

ペットの寄生虫を駆除

飼っているペットと過度なスキンシップしていると、寄生虫などが感染してしまう事があります。
例えば犬や猫とのキスや一緒にベッドで寝たりすることによって感染してしまう可能性があります。
そういった事にならないためにも犬のお腹や腸、消化器官などにいる寄生虫を駆除しておく必要があります。

寄生虫を駆除するための医薬品はいくつかありますが、その中でもキウォフプラスが有名です。
キウォフプラスは、犬回虫や犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫など寄生虫を駆除する医薬品で、ドロンタールプラスのジェネリック医薬品です。
ドロンタールプラスのジェネリック医薬品という事は、ドロンタールプラスと同じ効果や成分ですので、安全性があります。
また、薬が苦手で吐き出してしまう犬や猫でも、餌に混ぜる事によって食べさせやすくなっています。
さらに、キウォフプラスは、犬用と猫用があり、それぞれペットの体重で医薬品を飲ませる量が違います。

ペットに医薬品を飲ませた後は、手洗いなどをしっかりして、25度以下の涼しい場所に保管しておきましょう。
また、お子さんがいる場合は、誤って飲まないようにするために、手の届かないところなどに保管しましょう。
他の医薬品を一緒に飲ませたい場合は、獣医さんと相談をして飲ませてください。
妊娠中の犬や、生後2週間以内の犬には飲まさないようにしてください。

3つの有効成分がある医薬品

キウォフプラスの有効成分は、プラジカンテルやパモ酸ピランテル、フェバンテルの3つです。

まずは、プラジカンテルですが、主に条虫や吸虫などを駆除する役割があります。
寄生虫の膜を破壊させ、痙攣や収縮、麻痺させる事により死滅させます。
プラジカンテルの副作用として下痢や嘔吐、腹痛、吐き気、頭痛などが現れる事があります。

次に、パモ酸ピランテルは腸など消化器官に寄生する回虫や鉤虫などを駆除する役割があります。
寄生虫の神経を狂わせて麻痺させ、排便などで体外へ出します。
パモ酸ピランテルの副作用として、腹痛や吐き気などが現れる事があります。

最後に、フェバンテルは主に線虫や条虫などを駆除する役割があります。
パモ酸ピランテルやプラジカンテルと併用する事で寄生虫の殺傷能力を上げます。

これら3つの成分が入っているキウォフプラスは、通販で安く購入する事ができます。
動物病院に行かなくても通販なら簡単に購入できるので、通院費などが節約できます。
また、スマホやタブレットなどでも通販サイトを利用できますので便利です。
ただし通販だと、自己責任で購入しないといけないので不安です。
通販では不安だという人は、動物病院に通院して医薬品を処方してもらいましょう。